メディケア

メディケアプランG

更新日:

メディケアの補足的な健康保険プランは、メディキャップとも呼ばれ、オリジナルのメディケアと連携しています。

メディキャップ・プランには、A、F、G、Nの4種類があります。これらのプランはメディケア受給者に標準化された給付金を提供し、本来のメディケアではカバーできない共済金、控除額、自己負担金の支払いを補完します。

また、メディキャップ・プランでは、米国を離れている間に治療が必要になった場合、緊急医療もカバーすることができます。

保険料は異なる場合がありますが、それぞれのプランは同じ給付を提供しなければなりません。以下の医療サービスはメディキャップ保険ではカバーされません。

眼鏡を含む歯科治療や視力治療
長期療養
補聴器
民間看護
処方薬の適用範囲

また、一般的に、メディキャップ保険は処方箋薬をカバーしていません。処方箋薬をカバーされたい場合は、メディケア・パートDに加入することができます。

プランGのサービス内容
メディキャップ・プランGは、メディケアでカバーされていない医療の一部をカバーします。ただし、プランGでは、2020年に198ドルとなるメディケアパートBの免責金額はカバーされていません。

メディギャップ・プランGの高控除額プランでは、保険適用開始までに2,340ドルの控除額があります。

2020年の自己負担限度額
いくつかの州では、両方のプランとも高額控除のプランを提供しています。このようなプランに加入している人は、プランの適用が開始される前に、メディケアでカバーされている費用2,340ドルを支払わなければなりません。

個々のメディキャッププランの保険料は、ポリシーを提供する保険会社によって異なる。

一般的に、パートBの保険料はメディケアに支払われ、メディキャップ保険の保険料は民間保険会社に支払われます。

またプランGでは、海外旅行の緊急サービスをカバーするために250ドルの控除が適用され、生涯限度額は50,000ドルとなっています。また、この医療は旅行の最初の60日間に開始されなければならず、他のメディケアの補償の対象外でなければなりません。

-メディケア

Copyright© Japan Insurance Center , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。