ビジネス・企業保険

オフィス・店舗保険

店舗保険は、ビジネスをする上で一番大切なお客様に何かがあった場合に適用します。ビジネスの所有物や建物も火災などの被害があった場合、補償対象になります。店舗をリースする上でビルのオーナー側から義務付けられている場合も多く、店を構える上では必ず必要な保険です。

レストランや美容室、その他小売店やサービス業などお店を構えるお客様を総合的にカバーします。それぞれの職種によってカバーする内容が異なります。我々の経験豊かなエージェントがお客様のビジネスに応じたプラン作りをお手伝い致します。


主なカバー内容

物損保険:
建物、機材、在庫など火災や盗難等の損害をカバーします。

損害賠償責任保険:
第3者が店舗内や敷地内で怪我をした場合や食中毒、PL訴訟等、第3者に対する損害賠償責任保険。

収入補填保険:
事故や災害によりビジネスが出来なくなった期間の収入をカバーします。

犯罪保険:
強盗、窃盗等による損害をカバーします。

自動車保険:
社用車による交通事故をカバーします。社員が自分の車を使った場合、レンタカーを利用する際でも適用可能です。

労災保険:
従業員が業務中に怪我や病気をした場合にカバーします。

アンブレラ保険:
近年の大きな訴訟に備えてより高いリミットにする為に加入します。 

想定されるケース
<お客様を守る>
ビジネスをする上で一番大事なお客様を守ります。店舗内で怪我をした場合、食中毒になった場合など、治療費や慰謝料などを払います。

<物を守る>
店が火災にあったり、水の被害、車が突入してきた場合、盗難の被害に遭った場合などに備えます。

<外部からの訴訟から守る>
訴訟大国のアメリカではちょっとした事からすぐに訴えられます。裁判費用、弁護士費用なども高額にかかります。訴訟に負けなくても弁護士費用など多額に掛かることもあります。

<従業員を守る>
従業員が業務中に事故や病気になった場合、労災保険でカバーします。治療による休職中の収入補償などもカバーされます。詳細は労災保険のページをご覧下さい。

<従業員から会社を守る>
従業員が会社を相手取って訴える場合もあります。雇用に対する問題、差別、セクハラ、不当解雇などよるクレームに対処する保険もあります。詳細はEmployment Practice保険のページをご覧下さい。

お問合せはこちらから

更新日:

Copyright© Japan Insurance Center , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。