メディケア

メディケアって何?

 

メディケアは65歳以上の方の為の健康保険システムです。

 

メディケア加入の条件は?

 

1.年齢が65歳以上である。 2.65歳以下で特定の障害がある。 3.末期腎臓病患者

 

メディケア加入期間

65歳の誕生日を迎える月の3か月前から誕生日の3か月後の7ヶ月の間に加入が可能です。 

メディケアの種類

メディケアは大きく分けてA,B,C,Dの4種類あります。下記順番に説明します。

 

1.メディケアA 

Photo by Arseny Togulev on Unsplash

①カバー内容 入院費用、特別介護ケア、ホスピス、ラボテスト、自宅療養費用、手術費用をカバーします。

②メディケアAに掛かる費用-10年間(40 Quoters)労働経験があり、FICA TAXを払っていればメディケアAについては、無料になります。

10年未満の労働機関については、下記をご参照ください。*メディケアAは、上記の条件を満たしていれば、自動的に加入されます。

 

「medicare B cost」の画像検索結果

 

2.メディケアB

①カバー内容

入院以外の通院費用をカバーします。また医療器具や自宅療養費もカバーされます。

②メディケアBに掛かる費用(2020年)

メディケアBのDEDUCTIBLEは197㌦、PREMIUMは収入によって異なります。下記の表は収入によるプレミアムの支払い額になります。INDIVIDUAL TAXABLE  INCOMEは2年前のTAX RETURN,ここでは2018年の数字を使用することになります。

「medicare B premium 2020」の画像検索結果

③メディケアB加入方法

メディケアの具体的なお申込み方法はこちらのリンクをご覧ください。

リンク

メディケアの加入方法

メディケア・オンライン申し込みフォーム(英語) 

3.メディケアC -メディケア・アドバンテージ メディケアA+B+C

①カバー内容

メディケアA+B+DをあわせたメディケアHMO, PPO 保険

メディケア・アドバンテージと呼ばれ、民間の保険会社がHMO, PPOの役割を果たします。 上記メディケアA, メディケアBを合わせた保険で、地域によってメディケアDを含めることもあります。 また、メディケアCならではの追加サービスー歯科保健、眼科のサービスを含む場合があります。

 

②メディケアCの加入期間

メディケアAとBに加入していることが条件になり、またオリジナルメディケアからメディケアC・メディケアアドバンテージに変更する際は一定の期間内に行わなければなりません。またメディケアアドバンテージから田会社のメディケアアドバンテージ、またメディケアアドバンテージからオリジナルのメディケアに戻す場合もこの期間に行わなければなりません。*2020年は10/15-12/7

メディケアCについてさらに詳しく 知る。

4.メディケアD

処方箋医薬品をカバーする保険です。民間の保険会社からカバーを選べます。またメディケアDには、初期の加入期間を過ぎた段階で、再加入する場合は、ペナルティがかかる場合があります。メディケアDはメディケアのウェブサイト、または1-800-633-4227にてお電話でメディケアオフィスにお問合せが出来ます。

メディケアDオンラインお申込みサイトはこちらから

 

5.メディケアサプリメント・メディギャップ

①概要―メディケアサプリメント・メディギャップとは、上記のメディケアA, メディケアBのディダクタブルやコインシュアランスの負担を軽くするための補助的な保険です。メディケアCと併用することはできません。

②メディケアサプリメントの種類と費用

メディケアサプリメントはメディギャップとも呼ばれ、メディケアAのディダクタブルやコインシュアランスやメディケアBのディダクタブルや子インシュランスの負担分を補填するものです。メディケアサプリメントのプランは以下のように定められており、下記のポリシーを民間の保険会社が売り出しています。メディケアサプリメントのプレミアムは年とともに上昇しますが、一度加入すると、毎年のリニューアルが可能です。また加入する際は、審査機関があり、重病などをお持ちの場合は加入を却下される事もあります。

③各プランの特徴

人気のあるプランはGとNになります。プランNには通院で20㌦のCOPAY、緊急病棟で50㌦のCOPAYがあります。またMEDICARE B EXCESS CHARGEというのは、医師によってはMEDICARE ASSIGNMENTを100%カバーせず、50%の負担を患者に課する場合があります。

メディケアサプリメント・メディギャップについてさらに詳しく知る。
(注意)メディケアA、Bでカバーされないもの

下記の医療サービスはメディケアA,Bではカバーされていません。下記のサービスが必要なお客様は別途お問合せください。

1.長期介護

2.歯の治療

3.眼鏡を作るための眼科検診

4.入れ歯、技師

5.美容整形

6.針治療

7.補聴器、および補聴器のテスト費用

8.継続的な足のケア

 

メディケアリンク

メディケアのコストの仕組み

 

メディケアに関するお問合せ

更新日:

Copyright© Japan Insurance Center , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。